お堀端コース
日本橋本所深川コース
銀座佃島コース
芝高輪コース
渋谷コース
新宿コース
池袋コース
谷中コース
千住コース
言問コース
品川池上コース
目黒田園調布コース
世田谷コース
杉並コース
中野石神井コース
旧中山道コース
飛鳥山コース
西新井竹の塚コース
柴又コース
砂町葛西瑞江コース
井の頭深大寺コース
府中国分寺コース
高尾八王子コース

1.お堀端コース 大手町−神田小川町6.4Km

 幕府の中心地―江戸城の内堀沿いに広がる大手町、丸の内は、今は日本を支えるビジネス街。皇居前広場には整然と玉砂利が敷き詰められ、松の緑と櫓の白壁が映える。お堀端には徳川300年のあゆみを物語る史跡が残り、歴史を刻んだ桜田堀、半蔵堀、千鳥ヶ淵の周辺は散策路になっている。九段坂を下り靖国通りから神保町への沿道には古い家並みも点在する。神保町は古書と学生の街。学問所のあった江戸期と同様、書物と文化を集めた街である。
お堀端コースを「超さんぽ」してみる <youTube>へ

(1)丸の内今昔散歩(大手町−桜田門2.4Km)
 東京駅とそのはす向いの丸ビルはどちらも大正生まれ。現代丸の内の象徴的存在だが、ここがその昔は大名屋敷地であったことなど、皇居に至るまでは思いもつかない。徳川300年の歴史の名残りを遠望しつつ皇居前広場を横断すればすぐ桜田門。万延元年(1860)の井伊大老暗殺事件は明治維新への序曲だった。
<見どころ紹介>  <沿道のコラム>

(2)三宅坂・千鳥ヶ淵散歩(桜田門−靖国神社2.3Km)
 桜田堀、半蔵堀、千鳥ヶ淵と、内堀をめぐって靖国神社に、桜田堀沿いに上る三宅坂付近は、江戸時代の武家屋敷地。加藤清正邸跡地である国会前庭には桜の井、柳の井が残る。千鳥ヶ淵は都内有数の桜の名所。水上公園に整備された庭園風の散歩道ガーデンロードは四季折々の花で彩られる。 
<見どころ紹介>  <沿道のコラム>

(3)神田古本屋街散歩(靖国神社−神田小川町1.7Km)
 靖国神社前から神保町方向に向かって下る九段坂。ここから神田の大書店街はすぐ目と鼻の先である。江戸時代、種々の学問所が置かれ、大田蜀山人、滝沢馬琴、平賀源内など学者・文人が多く住んだ神田の文化は、明治以降に建てられた大学群やこの書店街に継承されている。 
<見どころ紹介>  <沿道のコラム>

 
より大きな地図で 歴史と文化の散歩道2010 を表示

 

Copyright© 1999-2017さんぽみち総合研究所 All Right Reserved
質問等は、こちらまで sampo@e-sampo.co.jp