全23コース
お堀端コース
日本橋本所深川コース
銀座佃島コース
芝高輪コース
渋谷コース
新宿コース
池袋コース
谷中コース
千住コース
言問コース
品川池上コース
目黒田園調布コース
世田谷コース
杉並コース
中野石神井コース
旧中山道コース
飛鳥山コース
西新井竹の塚コース
柴又コース
砂町葛西瑞江コース
井の頭深大寺コース
府中国分寺コース
高尾八王子コース

11.品川池上コース 品川駅−池上駅/流通センター駅14.5Km

 品川駅から旧東海道沿いの商店街を南に下る。浜川橋で二手に分かれ一方はウォーターフロントへ。もう一方は文学の里馬込をめぐり、本門寺のお山へといたる。海の香りと丘陵に眠る歴史を訪ねるコース。

(1)品川宿場散歩(品川駅−浜川橋3.9Km)
 品川駅を出発、第一京浜の喧騒を離れ旧東海道に入る。延々と続く細長い商店街は、南北2キロに渡ったというかつての宿場町の名残り。街道沿いには品川神社をはじめ、東海寺、品川寺、海晏寺等が点在する。日本橋から品川までの距離は2里(約8キロ)。下町辺りからブラリと出かけるにはちょうどいい距離で、これらの寺社は江戸市民の格好の行楽地ともなった。
<見どころ紹介>  <沿道のコラム>

(2)馬込文士村散歩(浜川橋−龍子記念館5.1Km)
 立会川の先から旧東海道を離れ、東海道線を横断する。モース博士の発見で知られる大森貝塚を経て大森駅前の商店街に。この辺りは内陸側に小高い丘陵がせまる台地の縁。坂を上って大田区郷土博物館、龍子記念館とめぐる台地上の一帯が馬込文士村である。この地には、震災後、尾崎士郎・宇野千代夫妻をはじめ、川端康成、室生犀星、山本周五郎ら多くの文学者達が移り住んだ。
<見どころ紹介>  <沿道のコラム>

(3)本門寺散歩(龍子記念館−池上駅2.6Km)
 日本画家、川端龍子の作品を保存・展示する龍子記念館から日蓮上人入滅の地、池上本門寺へ。本門寺の創建は鎌倉時代。関東で最古最大といわれる五重塔をはじめ、広大な寺域には堂塔が並び立つ。狩野深幽、加藤清正、幸田露伴、力道山、市川雷蔵ら著名人の墓も多い。ここから池上駅はすぐである。
<見どころ紹介>  <沿道のコラム>

(4)大井なぎさの森散歩(南大井一丁目−流通センター駅2.9Km)
 旧東海道を立会川で離れ、ウォーターフロントへ。大井競馬場の北側を通り、京浜運河を渡ると目の前には大井ふ頭中央海浜公園が広がっている。東側が野球場、テニスコート、陸上競技場などのある「スポーツの森」、西側が野鳥観察や釣り等、水辺のレクリエーションのための「なぎさの森」。京浜運河沿いに南下すると東京港野鳥公園が見えてくる。

<見どころ紹介>  <沿道のコラム>


より大きな地図で 歴史と文化の散歩道2010 を表示

 

Copyright© 1999-2017さんぽみち総合研究所 All Right Reserved
質問等は、こちらまで sampo@e-sampo.co.jp